遺品整理相談所(横浜・東京)

無料お見積もりご相談

無料お見積もりご相談0120-953-053

東京、横浜、神奈川、川崎、関東地方を中心に故人の品の処分等の遺品整理、遺品処理、ゴミ屋敷のご相談はお任せ下さい。

孤独死について

孤独死とは

孤独死の定義とは何でしょうか。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」によると、
孤独死(こどくし)とは、一人暮らしの人が誰にも看取られる事無く、当人の住居内等で生活中の突発的な 疾病等によって死亡する事。特に発症直後に助けを呼べずに死亡するケースがこのように呼ばれる。
ということになります。
それでは、孤独死についてもっと詳しく見ていきましょう。

震災で浮き彫りに

孤独死が大きく取り上げられたのは、阪神・淡路大震災以降の被災者内でみられた孤独死のニュースからです。
被災により地域コミュニティも崩壊し、近所付き合いがなくなったために周囲に異常が発見されにくくなり、手遅れになり孤独死されたケースが多いようです。

孤独死の傾向

基本的に孤独死は他との交流を持たない人に起こるようです。たとえば、高齢の独身男性です。女性は日常的に近所付き合いがあるのに対し、男性は職場中心の生活の後の定年退職後は地域コミュニティになじめない人も多いようです。このように地域になじめない人は孤独死になる傾向が高いようです。

予防するためには

孤独死を防ぐためには、当人が地域の自治体や趣味の同好会などの地域コミュニティに積極的に参加することが勧められる。しかし、それが難しい場合は地域のボランティアによる訪問サービスや地域の老人会による相互の連絡などによるコミュニケーションをとることが孤独死を予防するのに大切になってきます。

最近では、老人がよく利用する電気ポットを使用しているかどうかを送信するシステムを組み込んだ安否確認機能付湯沸しポットなどが話題になったことがありますが、このようなものに頼らず地域コミュニティを発展させて孤独死を防いでいきたいものです。